ガーベージ

From PoIC
Jump to: navigation, search

   ガーベージ


  (いくつかの現象例)これは今のところ、結果でしか言えない。この現象をシステム化・マニュアル化することが出来れば、知的生産物を農作物のように生産できる。        例1)レポート「湖のクロロフィルa測定」

                    ↓

       ステファン・ウルフラムの「A New Kind of Science」[1]の視点                     ↓

        セルから組み立て・結果として変換

                    ↓

        科学論文「植物プランクトン細胞の増殖」


       例2)レポート「水中の懸濁物質の除去」

                    ↓

                   流体 [2]

                    ↓

           流れのある系に突起部分が二つあると、その先にヘビのうねりのような波が出来る。対象性が破れ、お互いが合わせ鏡のように影響し合い、少しずれていて、ふんだんなエネルギーが流れているので、風にはためく旗のように、うねり続ける。

                    ↓

                   予想(現実の現象の説明)

     枝分かれする複数の先端からは3次元的なうねる波が出来、これが二股部分の外と中を分けるバリヤーの作用をし、流れている間は、ふたまたの間(ポケット)に捕らえられた粒子は、ポケットの外に移動できない。

                    ↓

        科学論文「水生植物の存在する水系における懸濁粒子挙動の数理学的考察」